プロレス・格闘技の情報満載!全日本・ノア公式モバイルサイト

1/24【新日本】念願Jr.オールスター戦決定に提唱者ヒロム「久しぶりにワクワクする」 YOHにはゲキ

『THE NEW BEGINNING in NAGOYA』東京・後楽園ホール(2023年1月24日)
○BUSHI&高橋ヒロムvsYOH&田口隆祐×

 悲願のジュニアオールスター戦決定に提唱者・ヒロムが「久しぶりにワクワクする」と胸を躍らせつつ、IWGPジュニア次期挑戦者・YOHに「これに負けないように俺とやらないと話題持ってかれちまうぞ」とゲキを飛ばした。

 1・4東京ドーム大会でヒロムが2年ぶりのIWGPジュニア返り咲き。翌1・5大田区大会でYOHに直接黒星を喫し、2・5札幌大会での初防衛戦が決まった。

 この日はBUSHIをパートナーに、田口と組んだYOHと激突。いきなり先発で向き合い、YOHがチョップを連発していく。ヒロムも「面白ぇな!」と呼応してチョップ合戦に突入。スピーディーなせめぎ合いからYOHが低空ドロップキックで先手を取った。

 中盤の再激突ではYOHが躍動。ジャンピングエルボー、スイングネックブリーカードロップ、ハーフハッチの波状攻撃を浴びせる。読み合いもドロップキックで制したが、ヒロムもファルコンアローで一矢報いた。終盤、カットに飛び込んだヒロムは鎮圧にかかるYOHをドラゴンスクリューで返り討ち。BUSHIとの合体ジャーマンを田口に決めると、BUSHIがコードブレイカー、エムエックスとたたみかけて3カウントを奪った。

 ヒロムがYOHとのIWGPジュニア前哨戦を制した形となった。試合後、前日に開催が決定したジュニアオールスター戦3・1後楽園大会について言及。22団体が参加し、オールスターと呼ぶにふさわしいラインナップが予想されるとあって、提唱者のヒロムは「これがプロレスの楽しさだと思う。久しぶりにワクワクするよ。ドキドキするよ。どうなるかわかんないもの。楽しみで仕方ない」と胸が躍りまくっている。

 だが、直近のテーマは2・5札幌大会のIWGPジュニア戦。すでにジュニアオールスターが話題沸騰となっているが、このままではYOHとのタイトルマッチが埋もれかねない。そこでヒロムは「これに負けないように俺とやらないと話題持ってかれちまうぞ。YOH、俺についてこいよ。俺がお前についていかなきゃいけないぐらいのもの見せてくれよ」とYOHに奮起を促していた。


【ヒロムの話】「ついに! 開催が決まったね。『ALL STAR Jr. FESTIVAL 2023』。2023年、まだ始まったばかりなのに、これだけいろんな話題がある。みんな、ついてこれる? 俺は必死で! 必死で! 必死で! ついていくよ。でも、これがプロレス界だよ。これがプロレスの楽しさだと思う。久しぶりにワクワクするよ、ドキドキするよ。どうなるか分かんないもの。楽しみで仕方ない。でも、これができるのがジュニアの強さ、そしてジュニアの自由さだと思う。これを主催してくれた『ジュニア夢の祭典実行委員会』の皆様、本当にありがとうございます。これに負けないようにYOH! 俺とやらないと話題持ってかれちまうぞ。いろいろあるよな。2月もいろんな大会があるよな。でもその中で札幌、2月5日が一番面白かった(と言われて)、一番目立ってないと、俺はジュニアの王者として納得いかない。YOH、俺についてこいよ。俺がお前についていかなきゃいけないぐらいのもの見せてくれよ。じゃないと俺が引っ張っちまうぞ。YOH、現段階ではこの俺についてこい」

【BUSHIの話】「この先のスケジュールに一つ面白いものを発見した。3月1日、ここ後楽園ホールで行われるジュニアの祭典あるよな。何でもいろんな団体が揃ってやる興行なんだって? 俺がその興行に出るのか出ないのか、それはよく分からないけどね、ただ一つ言いたいのは、俺はこの3月1日後楽園ホールのリングで試合をしたいよ。新日本にはいろんな選手がいるわけで、俺が呼ばれるかどうか分からないけど、ただ一つ俺はこの試合に出たい。それだけだ」


【YOHの話】「(赤くなった胸のあたりをさすりながら)あぁ、いいねぇ、この感じ。もっともっと打ち合おうぜ。な、高橋ヒロム。楽しいっしょ? だからさ、バチバチやろうぜ」

【田口の話】「(ノドのあたりを押さえ、潰れて? 甲高くなった声で)クソーッ! ヒロムー! BUSHIー! チクショー! こんな声になっちゃったよ、チクショー! クソー!」

プロ格 情報局