プロレス・格闘技の情報満載!全日本・ノア公式モバイルサイト

1/24【新日本】オスプレイと火花&乱闘でタイチ着火「体の芯から熱くなってきた」

『THE NEW BEGINNING in NAGOYA』東京・後楽園ホール(2023年1月24日)
○ウィル・オスプレイ&TJPvsタイチ&金丸義信×

 UNITED EMPIREが札幌ダブル前哨戦に快勝。オスプレイと火花を散らし、試合後も乱闘を繰り広げたタイチは一騎打ちへ向けて「体の芯から熱くなってきたよ」と着火した。

 1・5大田区大会でオスプレイとタイチが大乱闘を展開。タイチが対戦を要求し、2・4札幌大会で一騎打ちが実現する。この日は同大会でIWGPジュニアタッグ王座に挑戦する金丸、王者・TJPを加えたダブル前哨戦となった。

 開始早々、タイチとオスプレイがフロントハイキック合戦、タイチのローキックとオスプレイのエルボーの打ち合いと真っ向から火花を散らす。ノド輪合戦も展開すると、オスプレイがコルバタで先制したが、ピッピーチェリオをキャッチしたタイチがバックドロップで応戦。オスプレイに大ダメージを与えた。

 金丸が場外DDT、延髄斬りなどの首攻めに出ると、タイチは逆片エビ固めで絞め上げ、ステップキック連打を浴びせたが、オスプレイはハンドスプリングレッグラリアットで反撃して突破口。そして金丸とTJPの前哨戦になると、TJPがマンハッタンドロップ、ダイビングエルボーで機先を制し、顔面ウォッシュ、ブレーバスター、バックドロップの波状攻撃に出た。

 守勢に回った金丸はマンバスプラッシュを回避し、低空ドロップキックで左ヒザを射抜いて逆襲に移った。ニークラッシャーを連発し、足4の字固めで捕獲。タイチもノド輪でオスプレイを分断する。TJPが耐えてもムーンサルトプレスで追い討ちをかけたが、3カウントは奪えず。ブレーンバスターを阻止したTJPがスイングDDTで逆襲した。

 TJPがジャーマンで金丸を投げると、オスプレイがトラースキック、TJPがファイナルカットの連続攻撃でタイチを排除。金丸もフライングヘッドシザースで飛びついてのスイングDDTでオスプレイを突き刺したが、最後はオスプレイがヒドゥンブレードで後頭部を射抜いて3カウントを奪った。

 UNITED EMPIREが札幌ダブル前哨戦を制した。試合後、オスプレイはタイチと近距離で視殺戦。収まらないタイチがノド輪で絞め上げると、オスプレイも張り手でやり返した。

 タイチは金丸、DOUKI、TAKAとの新ユニット“Just 4 Guys"を始動させたばかり。実績を作ってのし上がっていくべく第1の標的に定めたのがUNITED EMPIREのリーダー、オスプレイの首だった。「やっぱりあいつの首を選んだことは間違いなかったみたいだな。熱くなってきたよ、俺も。体の底から、体の芯から熱くなってきたよ」と着火したタイチは「必ず貴様の首、差し出してもらうぞ」と通告。「1年、半年いらねぇよ。もっと短い間に必ず俺が動かしてやるからよ」と宣言してみせた。


【試合後のオスプレイ&TJP】
▼オスプレイ「こいつは生き延びた。こいつにこれ以上の冒険はなしだ。これからも前に進み続けるぞ」

▼TJP「かつて“目には目を"って言っただろう? カネマル、お前が先に獲った。でも、あれはたぶん“目"ではなかったんだな。だが、ひとつの車輪(足)は獲られた。だけど、まあいいさ。お前が“プレイブック"(戦略集)を持っているのは知っていた。だけどな、俺のは知ってるか? 俺が持っているすべてを知っているか? 俺はそれに追加したぜ。“目には目を"だ。最後には、このシリーズの終わりには、俺はお前の元へ戻ってくるぜ。キャノン砲を持ってな」

▼オスプレイ「これは『バットマン ビギンズ』と同じだ。影を支配するために俺はトレーニングをしている。タイチ、お前は何のためにトレーニングをしているんだ? バットマンになるためか? 説明が必要か? 俺の復讐はキツイゼ」


【タイチの話】「スッゲェじゃん。スゲェ火つけてくれんじゃん、あいつ。俺も忘れてた何かを取り戻せそうなぐらいやってくれるじゃん、あいつ。楽しいよ。やっぱりあいつの首を選んだことは間違いなかったみたいだな。熱くなってきたよ、俺も。体の底から、体の芯から熱くなってきたよ、久しぶりに。必ず貴様の首、差し出してもらうぞ。必要なんだ。(Just 4 Guysは)ただの4人組だ? そう思ってろよ。1年、半年いらねぇよ。もっと短い間に必ず俺が動かしてやるからよ。待っとけよ。楽しみに、待っとけ。楽しいぞ、オスプレイ」

※金丸はノーコメント

プロ格 情報局